よくあるご質問

  • Q. ICL手術で乱視も治療できますか?

    ICL手術では乱視用ICLを使用することで-5ディオプターまで乱視を矯正できます。
    レーシックに比べて乱視を治療する範囲が広く、かつ精度も高いと言われています。

    特殊な乱視である不正乱視は治療できません。不正乱視は角膜形状が規則性のないでこぼこした形の乱視で、メガネですら矯正することができません。この場合、特殊なコンタクトレンズかハードコンタクトレンズで治療することになります。