診療内容

ものもらいとは

ものもらい

瞼(まぶた)にある分泌腺に感染が生じたり、脂がたまったりなどして起きる急性の眼瞼炎症のことです。

ものもらいは正式な疾患名では「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」です。
「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と混同されますが、霰粒腫は細菌感染ではなく、脂腺が詰まってできものが生じる別の疾患となります。

ものもらいは地域によって呼ばれ方が異なり「めいぼ」「めばちこ」「めぼ」「めぼろ」などと呼ばれることがあります。

ものもらいは他人にうつるといわれることもありますが、ばい菌による炎症や、脂が蓄積することが原因であり、伝染性はありません。

 

※流行性角結膜炎について

はやり目とよく言われているアデノウイルスによるウイルス性の結膜炎ですが、非常に高い感染力があります。手指を介して伝染しますが、空気感染はしません。

ものもらいの症状

最初はかゆみから始まります。次第に瞼(まぶた)が発赤して、腫れて痛みが出ます。メヤニが出る、ゴロゴロするなどの違和感の症状も生じてきます。
膿が出て、放置すると皮膚が破れる出る場合もあります。

ものもらいの原因

ものもらい(麦粒腫)は、眼瞼表面についている細菌が分泌腺に侵入して、感染して化膿したものです。

原因となる細菌は「黄色ブドウ球菌」のことが多いと言われています。もちろん、この細菌以外でも感染は生じます。眼瞼の不衛生、汚い手で触る、体調不良、睡眠不足、コンタクトレンズの汚れ、多量の飲酒などが原因として考えられています。

ものもらい(麦粒腫)は子供や若い年代によく見られる疾患です。
手指の感染が主な原因ですが、体力が低下しているとなりやすいと言われています。糖尿病、免疫力低下状態で繰り返し生じて治りにくい場合があります。

ものもらいの治療

薬で治すよりも、まず大事な事は眼瞼を清潔に保つことです。いくら薬を使ってもそれが守れていない場合は治りません。

治療としては黄色ブドウ球菌を抑えるために抗生物質点眼薬や抗菌剤眼軟膏、抗生物質内服治療を行います。炎症が強い場合はステロイド剤の点眼薬や眼軟膏も併用する場合があります。程度によっては眼瞼に切開を行い、膿を排出させることもあります。

ステロイド剤を使う時は、副作用のチェックが必要なため使用中は定期的に診察を受けてく頂くのが大切です。

 

 

ものもらいができているときの注意点

  • 眼瞼の清潔を保つ。
  • しっかりと睡眠をとる。
  • アルコール禁止。
  • 刺激ある食物を避ける。
  • コンタクトレンズを中止。
  • 規則正しい生活習慣を心がける

ものもらいの予防と対策

  • 瞼(まぶた)を温める
    ホットタオルで暖めるのは効果的です
  • アイメイクを控えめにする
    まつげの生え際のアイメイクは控えましょう
  • コンタクトレンズ中止
    コンタクトレンズの汚れが、ものもらいの症状を悪化させますので注意しましょう

大阪府堺市美原区黒山1008番地 
ビバモール美原南インターメディカルゾーン2階
TEL:072-369-2272

9:00~12:30

※日曜日のみ9:00~12:00

15:00~18:30

※日曜日のみ14:00~17:00