診療内容

オルソケラトロジーの治療実績

アメリカ合衆国では約30年以上も前から多くの近視と乱視の治療実績があります。

オルソケラトロジーはアメリカ合衆国から始まりました。それから特殊CLの改良も発展し、安全な治療方法として広く認知されました。FDAアメリカ連邦食品医薬品局やFAAアメリカ連邦航空局の承認を受けた後は合衆国以外の国々で広まり、アメリカ合衆国では100万人以上、その他の世界の国々でもオルソケラトロジーの治療を受けている人が増えています。
オルソケラトロジー治療の特徴としては、近視を矯正するのみならず、近視進行を予防する近視抑制効果があるという論文が次々と発表されています。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーは夜間に酸素透過性が非常に高いコンタクトレンズをつけて睡眠をとります。その間に角膜の形を変形させて、近視を矯正します。

従来のコンタクトレンズは装用している時には良く見えますが、はずしてしまうと見えなくなります。オルソケラトロジーレンズは、はずした後でも良好な視力が維持できる特殊なコンタクトレンズです。角膜を切開するような手術をせず近視を治すことができます。

オルソケラトロジーレンズははずすとわずか数日で角膜の形が元に戻るので、約1週間で元の視力に戻ります。その点では柔軟性のある、可逆性のある治療法と考えられます。中止することで簡単に元に戻すことができるので安全な治療であると考えられています。

オルソケラトロジー装着

  • 「レンズ装着前」
    通常は光が角膜と水晶体の屈折力により、網膜上で焦点を結びますが、近視の状態である場合、網膜より手前で焦点を結ぶために像がぼやけて見えます。
  • 「レンズ装着中」
    オルソケラトロジーレンズを就寝時に装用することにより、特殊な内面カーブが角膜前面の形状を変化させ、扁平化することにより焦点が網膜上で結ばれ、像がはっきり見えます。
  • 「レンズ装着後」
    オルソケラトロジーレンズによって扁平化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状が維持されるため、日中は裸眼視力が改善されます。

オルソケラトロジーの適応

  • オルソケラトロジーを開始する年齢
    6歳以上の方が適応年齢です。オルソケラトロジーは近視進行を抑制するから効果があると考えられております。近視進行抑制の観点から見ると、仮性近視や近視が進行する小学生と中学生に最も適しています。
  • オルソケラトロジーはこんな方にお勧め
    サッカーやラグビーをはじめテニス等のスポーツをする方にお勧めです。日中眼鏡やコンタクトレンズを装用出来ない方、日中装用のコンタクトレンズで違和感があったり不便を感じている方、近視矯正手術に抵抗のある方、眼鏡をすることに抵抗のある方にはオルソケラトロジーは最適な方法です。

オルソケラトロジーの検査

オルソケラトロジーの適応検査

屈折検査 角膜曲率半径計測 角膜形状解析 裸眼視力 視力検査 CASIA2アドバンスによる前眼部OCT 散瞳下での瞳孔径計測 眼軸長検査 角膜内皮細胞検査 眼底検査

オルソケラトロジーの治療

オルソケラトロジーは独特の形状を持つハードコンタクトレンズであり、オルソケラトロジーレンズをつけたまま就寝し、寝ている間に角膜形状を平たくすることで近視を矯正します。起床から就寝まで裸眼で、すなわちメガネやコンタクトレンズなしに良い視力が得られるという近視を矯正する治療方法です。

眼軸長が伸び、近視が進行すると元には戻りません。
近視が進む前に近視抑制治療をする必要があります。

大阪府堺市美原区黒山1008番地 
ビバモール美原南インターメディカルゾーン2階
TEL:072-369-2272

9:00~12:30

※日曜日のみ9:00~12:00

15:00~18:30

※日曜日のみ14:00~17:00