診療内容

流涙症とは

なみだ目と言われています。何らかの理由で涙が正常に流れない状態です。

涙が過剰で常に潤んでいる、涙が出て止まらない不快な症状を流涙症といいます。

涙目

流涙症の症状

  • 風に当たると涙が出る
  • 何もしていないのに涙がこぼれる
  • 目やに
  • 眼鏡がくもりやすい

流涙症の原因

  1.  涙道に問題ある場合
    目から鼻への涙の通り道である、涙点・涙小管・総涙小管・涙嚢・鼻涙管までのどこかで狭窄か閉塞になると涙が正常に排出されず、涙っぽくなります。
  2. 目に病気があるために涙が出る場合
    結膜炎・ドライアイ・角膜炎・結膜弛緩症・眼瞼内反症・逆さまつげ等で刺激に対して、過剰に反応して涙が出ます。
    ドライアイで流涙になるのは意外かもしれませんが、眼表面は涙の層で薄く覆われていて、外界の微生物や風から目を守ってくれています。涙の層が薄いと刺激に過敏反応して涙が多く出ます。

流涙症の外科的治療

涙道ブジー

詰まっている涙道箇所を細い金属の棒で開通させる方法です。

涙道チューブ留置術

涙道の詰まった部分を開通させ、専用の涙管チューブを挿入して涙道の粘膜を再建します。チューブは2〜3か月で抜去します。

涙のう鼻腔吻合術

慢性涙のう炎や涙管チューブ挿入術がうまくいかない場合、再発を繰り返している場合に行う、新たに涙のうと鼻腔にバイパスを作る手術治療です。

涙道の手術について

病状により手術時間は異なります。

涙管チューブ挿入術は15分程度、涙嚢鼻腔吻合術で30分程度です。

 

①麻酔

まぶたと鼻内にも注射で麻酔を行います。

②涙道の閉塞箇所を開通(涙管チューブ挿入術の場合)

涙道内視鏡で閉塞部分を開通させます。

③涙道と鼻腔の隔壁である骨を削ります。(涙嚢鼻腔吻合術の場合)
そして新たに涙の流れ道を作ります。

④チューブ挿入

涙の通り道を確保するため、チューブを留置します。留置している間に粘膜が連続性を保ち、再生して涙の道がしっかりと形成されます。

大阪府堺市美原区黒山1008番地 
ビバモール美原南インターメディカルゾーン2階
TEL:072-369-2272

9:00~12:30

※日曜日のみ9:00~12:00

15:00~18:30

※日曜日のみ14:00~17:00